レビトラの特徴

レビトラの作用時間ですが、バイアグラと比較するとバイアグラが最低5時間であるのに対し、
レビトラは20mgであれば最大10時間効果が持続します。

よって、作用時間を持続させる必要がある場合は、レビトラが適するED治療薬です。
また、バイアグラは服用から効果が現れるまでに30分~1時間程度の時間を要しますが、
レビトラを空腹状態で服用した場合は20分~1時間程度で効果が現れます。

微妙な差ではありますが、比較的早く効果を実感することができる
というメリットがあるとも言えますね。

バイアグラと同等の強度で作用時間が長め、それがレビトラ特長と言えるでしょう。

レビトラの価格相場

まずバイアグラの価格相場ですが、1錠あたり25mgで1,300円程度、50mgで1,500円程度です。
レビトラは、10mgで1,500円程度、20mgで2,000円程度のため、
バイアグラと比べると少々割高になる印象です。

レビトラのジェネリック医薬品

レビトラのジェネリック医薬品も他の医薬品同様沢山の種類がありますが、

その中で一押しなのが、バリフです。

当サイトでは、値段も大切ですが、
それ以上に製造販売している製薬会社の信頼性、実績において多くの購入者に長く支持されている点を重視してご紹介しています。
  1. バリフ(20mg)(Ajanta Pharma社)

    □1

    総合評価 5.0
    硬さ 4.5
    作用時間 4.0
    価格:
    1,129円~
    用量:
    20mg×10錠

    バリフ(バルデナフィル)20mgは、勃起を助けるED治療薬です。
    陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくすることで、十分な勃起に導きます。

    服用後まもなく、性的刺激が加わることで効果が発現します。
    又、服用から効果発現までの時間が短く、また、長期の服用でも安定した効果が得られるのが特徴です。
    局所に作用しますので、性欲を亢進させる働きはありません。

    服用方法・作用時間

    通常、成人は1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口服用する。
    10mgの服用で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性、
    又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる。
    1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上空けて下さい。※効果には個人差があります。

    商品詳細を見る

  2. レビトラのジェネリック医薬品バリフとは

    バリフは先発薬のレビトラと同じ有効成分を持つレビトラのジェネリック医療品で、
    アジャンタファーマ社(Ajanta Pharma Limited)から製造販売しています。

    アジャンタファーマ社はインドの大手製薬会社で、ムンバイに本社を構えており、
    ED治療薬シアリスのジェネリック医薬品であるタダリスや
    バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラを製造販売しています。

    Ajanta Pharma製造したバリフは世界で25か国以上で販売されており、
    当サイトで紹介しているカマグラ、バリフ、タダリスなどED治療薬だけでなく、
    心臓病、眼科、呼吸器科、皮膚科などの多くの医薬品を製造している
    最先端の工場を持つ大手メーカーなんです。

    バリフの有効成分バルナフィル塩酸塩のはたらき

    バリフはレビトラのジェネリック医療品。
    その成分はレビトラと同じくバルデナフィル塩酸塩が含まれています。

    このバルデナフィルは、水に溶けやすいという性質を持っているため、
    即効性があり、ほかのED治療薬にはない特有の性質です。
    飲み始めて15分から30分程度で効果が出始めます

    そして42分~54分で最高血中濃度に達すると言われています。

    バルデナフィル塩酸塩は、
    陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑え、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して、
    男性器の中にある血管を拡張させる物質を増やす作用があります。

    いわゆる血流量を促す効果があります。
    これによってペニスに大量の血液が流れ込み、
    男性器の勃起を促進する効果が期待できるということです。

    レビトラのジェネリック医薬品「バリフ」

    バリフの種類は10mgと20mgの2種類。

    用量によって作用時間が違う

    バリフはその用量の種類によって持続時間が違います。
    バリフ10mgの場合は5時間程度
    20mgの場合は8時間~10時間程度の持続時間で、
    レビトラと同じ持続時間となっています。

    ただし作用時間が過ぎたので、続けて服用するという使い方は避けてください。
    最低でも24時間経ってから服用を原則としましょう。

    バリフの服用の仕方

    服用は1日1回、

    服用間隔は24時間以上あける必要があるので、
    飲み方を間違わないようにしてくださいね。

    バリフは日本ではまだ未認可のED治療薬なので、
    日本の医療機関で購入したり、ドラッグストアで購入することはできません。

    現在は海外医薬品の個人輸入という形での購入が可能で、
    インターネットを利用して購入することができます。

    本サイトは正規品レビトラのジェネリック販売サイトをご紹介していますので、
    興味ある方はぜひバリフ(バルデナフィル)20mgをご覧ください。

    服用のタイミングと分量

    レビトラなどのED治療薬を初めて使用する場合は、
    必ず少ない用量から使用するようにしてください。

    服用のタイミングですが、バイアグラのようにお腹に食事があると
    吸収されにくいということはありませんが、
    空腹時又は、食後2時間後の服用で性行為20分ほどで効果が表れます。
    通常の場合、基本的には1時間前に服用する方法が推奨されています。

    服用の分量は、バリフ20mgならスタートは10mg。
    2等分にカットですね。

    それでもまだ不足な場合のみ20mgにするなど
    順を追っていってください。

    10mgで何の不安もなく充分にセックスができる人が、20mgを服用することに意味は全くありません。

    10mgで充分なのに最初から20mgを使用すると、
    あなたの身体はその分量に慣れてしまいます。

    そこから10mgに減らしても効かなくなってしまうのでその分
    費用がかかってしまうということです。

    せっかくジェネリックでコストを削減できるのですから、
    そこは賢く使用することが大切です。

    ◆注意事項

    服用以前に、以下の注意事項をよく理解してから
    検討する必要がありますので、ご自分の状態に照らし合わせて、
    そこは慎重に確認していって欲しいと思います。

    ■注意事項■
    重い心臓病や脳卒中などがあり、性行為そのものが危険と判断される場合は使用できません。
    極度の低血圧やコントロール不充分な高血圧の人も使用できないことがあります。
    このような場合、性行為自体が心臓や脳血管に負担になるうえ、この薬の心血管系に及ぼす影響でさらに危険性が増大するためです。

    バリフの併用禁忌薬

    副作用の症状として、顔のほてり・目の充血・頭痛・動悸・鼻づまりのいずれかが、9割以上の人に現れますが大事に至るケースはほとんどありません。

    仮にそのような症状が次の日まで残るようであれば、
    医師の診断を受けて様子を見る必要があります。

    ただし、以下の薬とバリフを併用するのは厳禁ですのでチェックしておいてくださいね。

    ■併用禁忌薬■
    アイスラール錠

    アイトロール錠

    アイロクール錠

    アパティアテープ

    アンタップ

    イソコロナールRカプセル

    イソニトール錠

    ニトロールRカプセル

    ニトロールスプレー

    ニトロール持続静注シリンジ

    ニトロール錠

    ニトロール注バッグ

    ニトログリセリン舌下錠

    シリンジ

    ニトルビン錠

    亜硝酸アミル


    もし、持病などのため薬を服用している場合、まずは医師にED治療薬の併用は
    可能か具体的に診断を受けてからにしてください。

    何よりも大切なのはあなたが健康でいられることです。それが最大の幸福なのですから。