バイアグラジェネリックは沢山の種類があります。

なかでもカマグラゴールドは、
バイアグラジェネリックとして販売歴が長く、今でも多くの利用者がいるということは
納得の内容だということが言えるでしょう。

何と言ってもコストパフォーマンスが全く違いますので、その値段には驚きです!

当サイトでは、値段も大切ですが、
それ以上に製造販売している製薬会社の信頼性、実績において多くの購入者に長く支持されている点を重視してご紹介しています。



カマグラゴールド100mg

  1. カマグラゴールド(100mg)(Ajanta Pharma社)

    □1

    総合評価 4.5
    硬さ 5.0
    作用時間 3.5
    価格:
    1,155円~(変動有)
    用量:
    100mg×4錠

    カマグラゴールドは、シルデナフィルを有効成分とし、満足な性行為を行うに十分な勃起を促し、維持させる薬です。

    シルデナフィルの働き
    心理的要因による“心因性”のもの、神経や血管など体に問題のある“器質性”のもの、あるいは心因性と器質性の“混合型”のいずれにも有効。陰茎海綿体の血管に存在する平滑筋をゆるめ、海綿体への血液の流入量を増やして、満足な性行為を行うに十分な勃起を促し、維持させます。

    服用方法・作用時間

    カマグラゴールドは、食後に服用すると吸収が低下し、十分な薬効が発揮されません。空腹時に服用することが推奨されます。効果の持続時間は、個人差があるもののおおむね5~6時間です。※効果には個人差があります。

    商品詳細を見る

  2. バイアグラジェネリック

    史上初の飲むED治療薬として1998年に開発されたバイアグラ。

    アメリカのファイザー製薬開発薬として信頼のED治療薬の
    定番として世界中で広く使われています。

    成分物質のシルデナフィルは、
    ほぼ万人に効く要素を持っていますので
    その再現性は非常に高いと言えるでしょう。

    バイアグラのジェネリックも同時期に発売されており、
    こちらも長年の使用歴を持ったものが多く、
    すでに多くの人に使用されています。

    バイアグラのジェネリックが、特許期限を待たずに
    ほぼ同時期に発売されたのにはわけがあります。

    それはバイアグラのジェネリックのほとんどが、インドで作らてれているからです。

    ジェネリック医薬品は、その先発医薬品の特許の期限が過ぎてからでないと、
    作ることが許されないのですが、インドではこの医薬品の特許に関する考え方が
    世界と違い、合法的にジェネリック医薬品を作ることが出来るのです。

    また、ご存知のようにインドの製薬技術は他国に比べ、
    ずば抜けた技術力があり、その品質に関しては世界的に認められています。

    バイアグラ100mg

    日本では、バイアグラは25mg、50mgのみが認可になっていますが、
    世界的には、一番販売数が多いのはバイアグラ100mgです。

    なぜバイアグラ100mgが発売が多いのかというと、
    やはり強い効果が期待できるということですが、それは外国人に対してのこと。
    私たち日本人には50mgまでで充分です。

    ではなぜ100mgがおすすめなのかと言うと、
    高価なバイアグラのコストを少しでも抑えるためにバイアグラの100mgを購入して、
    ピルカッターなどでカットすることで、より安い価格で、バイアグラの50mgや25mgを
    手に入れることができるからです。

    今現在でバイアグラのジェネリックで一番有名な治療薬は、「カマグラゴールド」です。
    これがバイアグラジェネリックの100mgの医薬品です。

    バイアグラを医者で処方してもらうと50mgで1錠、1500円かかります。
    しかし、カマグラゴールドを最安値で購入して、ピルカッターなどで半分ずつ服用すれば
    パイアグラ50mgが1錠50円前後で購入したことになるわけです。

    バイアグラ50mgが1錠1500円と70円前後では、
    どう考えてもバイアグラ50mgを1500円で購入する意義を感じなくなりますよね。

    詳しくはカマグラ(100mg)をご覧ください。

    バイアグラジェネリックの個人輸入について

    日本でバイアグラは25mg、50mgだけが認可されていますので、
    100mgを購入するには海外から購入する必要があります。

    これを可能にしている仕組みが、医薬品の個人輸入です。

    日本では、一定量までの医薬品でしたら、
    個人で自由に輸入していいことになっています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ただし、医者に処方された薬による副作用などは、
    保険がフォローしてくれますが、
    個人輸入した医薬品で起こした事故に関しては、
    一切保障されません。

    全て自己責任の元で行っていかなければいけませんので、
    その点はしっかり理解した上で慎重に購入する必要があります。

    また、個人輸入といっても、買い付け先など個人で開拓することは困難なので、
    信頼のおける個人輸入代行業者を探して、その業者に登録し注文することで、
    amazonで商品購入する感覚で購入することができます。

    バイアグラジェネリック・カマグラ

    バイアグラのジェネリックはいろんな種類があるため、どれを選んでいいか分からないという人もいるでしょう。

    UK市場向け製品だけでも

    1.カベルタ(Caverta)50mg【1箱8錠】2,112円(1錠当たり264円)
    2.シルデグラ50mg(Sildegra)【1箱4錠】 2,064円(1錠当たり516円)
    ジェリック大手メーカーアクタビス社製品
    3.シルデナフィル50mg(マイラン社)【1箱4錠】2,136円 (1錠当たり534円)
    フランス製 超一流企業 マイラン社製品
    4.デグラ(Degra)50mg【1箱4錠】2,136円(1錠当たり534円)
    5.シルデナフィル50mg(Sandoz社)【1箱4錠】2,196円 (1錠当たり549円)
    (参考価格)

    など様々です。

    当サイトでおすすめするのは、世界的に一番人気があり、
    信頼の元使用できるジェネリック医薬品、『カマグラ』です。

    成分鑑定の確認はカマグラ(100mg)をご覧ください。

    カマグラはバイアグラのジェネリックとして一番初めに出てきた商品で、
    すでに特許の切れたバイアグラと同等の長い歴史があるのが最大の理由です。

    カマグラにはいろんな種類がありますが、オーソドックスにカマグラゴールドをおすすめします。

    カマグラはバイアグラと同様の歴史がある分、バイアグラと同じように偽物も出回っています。
    お金をかけて粗悪品の偽物を手に入れるなんて、悔しすぎます。
    ですから個人輸入代行をお願いするには信用のある業者から購入することが重要です。

    当サイトでは、20年の実績があるオオサカ堂を紹介しています。

    服用のタイミングと分量

    バイアグラなどのED治療薬を初めて使用する場合は、
    必ず少ない用量から使用するようにしてください。

    服用のタイミングですが、お腹に食事があると吸収が阻害されるため、
    空腹時又は、食後2時間後の服用で性行為1時間前に服用する。
    短時間で薬の作用が現れます。

    服用の分量は、カマグラ100mgならスタートは25mg。
    100mgを4等分にカットですね。

    状況によって50mgに変更し、それでもまだ不足な場合のみ100mgにするなど
    順を追っていってください。(日本ではバイアグラが50mgまで認可されているので、
    100mgは不足な場合のみと考えましょう。100mgを購入するわけは後述します。)

    25mgで何の不安もなく充分にセックスができる人が、50mgを服用することに意味は全くありません。

    25mgで充分なのに最初から50mgを使用すると、あなたの身体は50mgに慣れてしまいます。
    そこから25mgに減らしても効目が弱くなってしまうのでその分費用がかかってしまうものなんです。

    せっかくジェネリックでコストを削減できるのですから、
    そこは賢く使用することが大切です。

    用量が多いもののほうがきっと効果絶大だろうなどと判断するのはやめましょう。
    風邪薬だって、決まった用量を服用してますよね。倍飲めば倍の効き目が
    あるわけではないのと同じことです。

    作用時間

    最低でも5時間は作用していますので、充分な時間です。
    5時間たったのでまた服用するという使い方は避けてください。
    最低でも1日経ってから服用を原則としましょう。

    バイアグラジェネリックの賢い購入法

    100mgで購入して、
    50mgの人でしたら、100mgをピルカッターで半分にして、服用します。
    25mgの人は4分の1にして服用するようにしましょう。
    その方が断然お得だからです。

    医者ですと、バイアグラ50mgが1500円、25mgが1300円。
    半分の用量だから750円とはならないんですね。

    100mg50mg25mgの値段の差は、そんなにないのが現実です。

    ですから100mgをピルカッターで半分にしたら、
    完璧に値段は100mgの半分になります。

    医者で購入した場合にも50mgを半分にカットすれば1500円の半分ですので、
    25mgを750円で買うことと同じになるので1300円からかなり安くなるという考えです。

    ですから、バイアグラのジェネリックでしたらそのコストパフォーマンスは驚くべきもので、
    50mgを1錠50円前後で購入することができるということなんです。

    バイアグラジェネリック カマグラの上手な使い方は、自分に合った量を見つけることと、
    必ず100mgを購入して、適量にカットして服用するということです。

    おすすめのピルカッターも紹介しておきますが、ご自分で気に入ったものを購入しておくといいでしょう。

    われわれ日本人には50mgまでで充分ですので、100mgのバイアグラジェネリックの購入はあくまでもコストを下げるためだと考えて下さいね。