東京大学が研究している、いま話題の成分・オキシトシン

オキシトシンとは愛、信頼、絆で結ばれた人間関係に
必ず存在しているホルモンで「愛のホルモン」とも呼ばれています。

オキシトシンは恋人同士が愛しあうとき、親と子どもが触れあうときなどの
人と人との愛情という感情が触れあうときに体内で生成され分泌されるんです。

このオキシトシン。

出産時の女性から大量に分泌されることでも知られており、
人に対して愛や信頼を感じるときに分泌される、
目には見えない愛情にあふれたホルモンではないかとされています。

従来オキシトシンは子宮収縮や母乳分泌だけに関わりがあるホルモンだと
考えられていました。

しかし、近年の研究で「信頼関係を深める」という精神面への
重要な効果があることがわかってきたんです。

母親が赤ちゃんを愛おしく感じるのはなぜなんでしょう?
オキシトシンが分泌されることで、母性愛が強まるからだといわれています。

ここには理屈抜きの愛おしさが存在しますよね。
これこそが見えないけれども、確実に存在する証といって良いのではないでしょうか。

また、オキシトシンは愛情が深めるだけではなく、恐怖心や不安などが減少してストレスもなくなり、
精神的に安定する効果をもたらすこともわかってきています。

こうした作用から、オキシトシンは
「愛情ホルモン」「幸せホルモン」「信頼ホルモン」「絆ホルモン」「癒やしホルモン」
などと呼ばれているんです。

オキシトシンが異性を惹きつける働きをもつ

男女の関係において

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、女性は男性にどのように惹かれるのでしょうか?

顔の良さ?
頭の良さ?
運動神経?
優しさ?
肉体的魅力?
経済的な豊かさ?

確かにそれもあるでしょう。

しかし、どうもそれだけではないようなのです。

理屈抜きで
“なぜかこの人に惹かれてしまう”
そんな思いに憑りつかれるかのように拒絶できない感情に襲われる。
そんな状態のとき、大きな要因となっているのが
オキシトシンではないかといわれています。

 

あなたもそんな感覚を感じたことありませんか?

 

ふっとうっとりしたようなせつないような感覚に襲われて、
我慢できないなんともいえないあの感覚です。

女性があなたにそんな「居ても立っても居られない」「きゅんと胸が締め付けられそうな思い」
を抱いてくれたらどんなにうれしいか。

 

 

理屈抜きで女性を惹きつけるホルモンオキシトシン

 

 

 

 

 

 

 

オキシトシンを分泌している男性に女性は理屈抜きで惹かれてしまう!。

 

あなたも知ってるはず。

本当にモテる男って、人から信頼される男だということを。

 

このことこそ愛や信頼に囲まれて生きている男性がモテるという証拠です。
外見や経済的バックグラウンドだけで、女性が男性に惹かれるわけではない
ということです。

 

そこに理屈なんて存在しません。

 

でも何かオーラをまとったようなそんな存在として
惹かれるのではないでしょうか。

オキシトシンの見逃せない神秘的効果

オキシトシンが有用なのは男女の関係だけではありません。

信頼に大きく関わるオキシトシンは、ビジネスや友人関係など
様々な場面においてもあなたを助けてくれます。

例えば、営業。
同じ商品を扱っているにもかかわらず、なぜ、営業成績がトップクラスの人と
そうでない人に分かれてしまうのか。

口先だけのことなのか?でも、意外と不器用だったり、そんなに話し上手じゃないのに
良い営業成績の人いますよね?それは、もしかしたら、オキシトシンが関わっているかもしれません。

 

オキシトシンの見逃せない神秘的効果は他にも、

 

①ストレス解消効果、
②心臓を強くする効果、
③自閉症の症状を改善する効果、
④相手の信頼感が増える効果、
⑤発情を促す効果

 

などが挙げられます。

この存在を知らないというのは、なんとももったいないと思いませんか?

 

このようにあらゆる状況において、あなたをポジティブな方向へ向かわせるホルモン、
私が命名するなら「引き寄せの法則」ならぬ「引き寄せのホルモン」ですね。

 

でも、そうそう思ったホルモンを
思ったように分泌することができるかといわれれば、それは実際難しいですよね。

 

そこで、オキシトシンについてもう少し深く掘り下げていきたいと思います。

 

オキシトシンをうまく分泌させる方法はあるのでしょうか?
興味のある方は、別記事に書き記したいと思いますので、
ぜひ、ご覧ください。